03,2004 馴れ初め 草太編 READ MORE

 02,2004 馴れ初め Tio編 READ MORE

 01,2004 馴れ初め 睦月編 READ MORE

馴れ初め 草太編

草太は捨てられていた。2005年の夏、仕事に行く前にTioと公園に行っていたのだけどある朝 草むらから子猫が飛び出してきて人の後をちょこちょことついてくる。犬もいるのに、お構いなしで。抱き上げてみれば、ガリガリに痩せて目やにのいっぱいついたなんともみすぼらしい子猫だった。元気はあるようで、にゃーにゃー鳴きながら擦り寄ってくる。放っておいたら危ないだろうし、とりあえず連れて帰ることに。体を拭いて、薄めた牛...

馴れ初め Tio編

Tioは、2004年8月にやってきた。アメリカでの生活も残り1年を切っていて、日本に連れて帰るつもりでのお迎え。日本で納得のいくブリーダーを探す自信がなかったため移動や検疫のリスクを考慮してもどうしてもアメリカで迎えたかったから。Tioと初めて出会ったのは7月22日、生後1ヶ月のとき。毛色の薄いゴールデンの男の子って決めていた。ゴールデンって以前は特に興味がなかったの。どこにでもいるでしょ。でも実際に何十頭もの...

馴れ初め 睦月編

睦月と出会ったのは2001年12月。その少し前からうさぎと暮らしたくて色々調べたりしていたとはいえ、結構突然の出会いだった。ペットショップの生き物を買うなんて予想外だった。そのときにはショップの裏側を多少なりとも知っていたから。でもあのときは「この子しかいない」と思ってしまったのだし、睦月に出会えてわたしは本当にしあわせになれたからそれはそれで目をつぶることにしている…こんなにも小さくて(うさぎとしては結...