みんな元気!

0609-1


またまたサボってしまった(^^ゞ
でも、みんなとっても元気です。

蒸し暑かった夏も乗り切って、相変わらず
よく食べ、よく遊び、よく眠る 
おてんば娘&やんちゃ坊主たち。
この子たちがいてくれるから毎日がうれしい。



0609-2

今年初めの斜頚から驚きの復活を遂げて以来
体調を崩すこともなく、とても元気でいてくれる睦月。
普通の姿を見つめているだけで
胸がいっぱいになって 涙が溢れてくるくらい。
この子への想いをことばにしようとしても
ぴったりの表現が見つからなくて
たとえば 静かに眠るおなかが
小さく上下しているのを見るだけで
のみこまれそうなほどの愛しさと感謝を感じたりする。
それは Tioも草太も同じことなんだけど
失ってしまうかもしれないという恐怖を体験した分だけ
ことさら強く感じるのかな。
来月には5歳になるね。
どうかもうしばらく、できるならずっとずっと
わたしの側にいてね。




0609-3

Tioと出会って2年が過ぎて
ますますこの子を「犬」と思えなくなってきた最近です。
モチロン、見かけも行動も犬そのものだし(当然だー)
人間と同一視することはよろしくないので分かっているのだけど
この子は「犬」でもなく、もちろん「ヒト」でもなく
ただただどこまでも「Tio」なんだと感じる。
それは睦月を「うさぎ」と感じられず
「睦月」としか見ることができないように。
この感覚って、何なんだろう? 
お互いを理解し始めてきたってことなのかな。
草太がまだ少し「猫」なのも、睦月やTioより付き合いが短くて
理解や信頼も育てきれていないことが理由なのかもしれない。
ってことは、草太への「大好き」は
この先もっと大きくなるってことだよね♪

最近またTioとのトレーニングにハマりだして
ときどきレッスンに行ったり、勉強したりしています。
アメリカで学んだトレーニング以外の方法をもっと知りたくて
そしてTioとわたしが一番楽しめる、
オリジナルなトレーニングをできるようになりたくて
色々と聞いたり試したりしている最中。
トレーニングって、コミュニケーションなんだとつくづく感じる。
わたしがTioにしてほしいことを伝える手段。
Tioがわたしにしてほしいことを伝える手段を教えること。
ふたりの間でルールを決めて、お互いにそれを守りながら
気持ちを伝え合うためのツールなんだと思う。
だから Tioが自分の気持ちを押さえ込まずに済む方法で
一緒に進んでいきたいな。




0609-4

寒がり草たん、8月でもひなたぼっこしてました^^;
キケンなので途中で退去させたけど(心配しすぎ?)
毎朝、こんな調子です。最近涼しいからいいんだけどね。
もうすぐ一緒に寝てくれる季節だ~☆

さて草太も(推定)1歳を過ぎて、少しは落ち着・・・
と言いたいところだけど、相変わらずウチで一番のやんちゃ坊主!
隙あらば高いところにジャンプしたり おいしそうなものをひったくったり
舐めたり噛んだり、「いたずら」ばっかりしております。
噛みつかれずに逃げるワザを磨いたせいか、こともあろうに
睦月様がイラつく距離でウロチョロしてお怒りを買っております。
睦月がかわいそうなので、草太は楽しんでるけどすぐにお縄。
相変わらずのふたりです。

Tioとの仲良しさも相変わらず♪
以前のように毎日取っ組み合って遊ぶことはないけど
まあ週に数回はプロレスごっこしております。
しかも、だんだんハードになってきた・・・
拾ってきたばかりの写真を見ると本当に小さくてガリガリで
ひどい目やにでエイリアンみたいな恐ろしい姿をしてたのに
いつの間にか体重も5キロを超え、小さなお顔と大きなお目目の
かわいらしい猫になりました(褒めすぎ)
カギしっぽも健在です♪
食欲も旺盛で、猫なのに偏食しないので助かってます。


みーんなかわいくてダイスキで
毎日とても充実しています。
この子たちも同じくらい、楽しい日々を送れていますように…