それぞれの成長

040820


日記の内容とは無関係だけど…
なぜかしょっちゅうハウスの上から牧草を食べる睦月。
●もポロポロ^^;



日、一日と 睦月の警戒が解けていっている様子。

今日はTioがキッチンで眠ってる間に
すぐ横のPCに向かっているわたしの側までやってきました。
(キッチンはゲートで仕切ってあります。
フェンスをすり抜けるので、もう少し大きくなるまでキッチンをTioエリアにした)
その後遊び時間にTioをリビングに出したときには
ちょうど寝室から出てきた睦月と鉢合わせ!
ふたりの間には一応フェンスが置いてあるけど ふたりとも通り抜けられます。
Tioはリードをつけていたのでフェンスぎりぎりまでしか行けないようにしてたら
何と睦月の方からTioに近づいて、クンクンとにおいをかいだのです。
でも一瞬で満足(?)したようで すぐに寝室へ。
Tioはもちろん遊びたそうだったけど 他の遊びに興味を引いて忘れさせました。
あれから毎晩寝室のテーブルにクレートを置いてTioを寝かせてるけど
睦月はいつもどおり牧草を食べたり伸びて寝たりしています。
●も 換毛中なので絶好調とは言えないけど心配するほどじゃないし
食欲はもちろん旺盛♪(これはTioが来たばかりのときも同じ…笑)
害は加えられないと思ったのかな?
それとも「何か見た目違うけど、結局ただの犬か…」と気づいたか!?
どちらにせよ、少しずつ成長していってくれているようです。
でも安心してしまっては怖いから、気をつけていかなきゃね。





040820-2



さて 来週の火曜日からTioの初・パピークラスです。
(今週火曜日からスタートだったけど、初回はパピーなしのレクチャー)
Tioは、ジムの家や病院に行くときはカラーをつけていきますが
家では何もつけないようにしています。
そしてリードはジムの庭でつないでおくときに使うだけなのですが
一度ナイロンのリードをつけたら齧って遊んでしまったので
それ以降チェーンを使っています。
リードを「噛んでいいもの」と思ってほしくないので。
(チェーンも齧るけど、他ではまず使わないのでこれはいいとする)
クラスではカラーとリードは必須なので
火曜日までに慣れてもらおうと、今日から家でも使い始めました。
本当は 最初から自由時間は必ずリードをつけておくつもりだったんだけど
絶対齧るという確信があったので、今までそのままだったの。
齧らせないように香水を振っておくのですが(においと味を嫌がる)
単に寝室に取りに行くのが億劫だったってだけ^^;
あ、一応Tioの側を離れると吠えるから…っていうのもあったけど。今までは。

さて前置き(?)が長くなりましたが
とにかくリードを引きずったままの自由時間が始まりました。
(ちなみにTioのカラー&リードの色は赤♪ クリーム色の毛に映えると思って)
最初は気にしてたけど、数回口に入れたらもう齧らなくなりました。
この子は単純な対応策が結構使えるようで、
厳しい対処をしなくても困ることを止めることができます。今のところね^^;
アビたんにはあんまり効果のなかった香水も Tioには効いた!
それ以降も特に気にする素振りはなく
おもちゃで遊んだり 高速で駆け回ったり♪
でもちょっといつもより活気がなかったかな? 少しだけだけど…
ジムの家(庭)で思いっきり暴れて疲れていたのかもしれないし
初めて引きずるリードにためらっていたのかもしれない。
ま、すぐに慣れるでしょ。

Tioって面白い子で、思い通りにならないと物に向かって文句を言うのです。
来たばかりのころは軽々すり抜けられたフェンスの隙間、
最近じゃぐいぐい体を押し込まないと通れなくなって
ひとつの隙間に入れなかったら「うぅぅー、きゃんっ!」
別の隙間を試して無理なら「ふぅ~~~ん、ぎゃんっ!!」
…と、フェンスに向かって怒り始めるの。
おもちゃでも大きすぎてくわえられないボールに怒りをぶつけてた。
これって子犬だからこそなのかな~
かわいいからずっとこうだといいんだけど。でもそれも大変か^^;

リードをつけたついでに(?)トレーニングも少しだけしました。
Sitはたいていの場合コマンドでできますが、
わたしが近づくと何も言われなくても座ることを覚えてしまったので
あまり使う機会を与えてもらえません。
Focus(いわゆるアイコンタクト)はクリッカーでの練習は今日が初めて。
何となくできるようになったけど、クリッカーを押すとそちらを見てしまう。
まだクリッカー自体にも馴染んでないからしょうがないか~
それよりも、Tioの目ってどこを見てるのかよく分かんなくて困る^^;
チャンスを逃したくないので、一応わたしの顔を見上げたときに褒めてます。
Sit/Stayは Tioが座ったまま動かないように、
リードを上に引っ張る感じに戸惑った様子だったので
今日は一度だけでやめておきました。
クラスに参加する頃までにはリードにも慣れてるだろうから
Stayはクラスで教えればいいや。
それまではFocusの練習をしっかりしよう。
常にこちらを気にするような子になってもらいたいのです。
他にできるようになったことは、Give(くわえてるおもちゃを離す)、
食事のときのWait(でもこれはまだちょっと怪しい)、
Kiss Kiss!と言って手のひらを見せるとお鼻でツンとする(カワイイ♪)
(これは芸みたいなものね。甘噛みの代わりに鼻ツンするように教えてます)
あとGo Pee Pee!というとオシッコします…出したいときだけ・笑
ウンチはまだ。いつもシートを外すので号令をかけてる余裕がない^^;

犬のしつけ、訓練って 理想とするものを目指すと手に負えない気持ちになるけど
小さなことでも少しずつ覚える様子を見ていると楽しい。
そして一緒に色んなことをしていくという過程がうれしい。
でもこれは自分の子だから感じることで(あとは特定の少数の子たち)
訓練に来るわんこすべてに当てはまることではないのです。
Tioの場合はこれからだから、なおさら楽しいのでしょうね。

でも…
わたしはまだTioを「犬(子犬)」として見ている感が強いように感じます。
(まだこの子が自分の子ってことを信じられない気持ちもあるし)
睦月のときのような、一目あった瞬間に愛を感じる、ということは
正直な話 Tioの場合にはありませんでした。
(とんでもなくかわいい、と思ったことにかわりはないけど)
Tioにとってもまだ「わたし」が特別なのではなく、
「かわいがってくれる人間」と一緒にいたい、という程度だと思います。
(実際ジムが側にいればわたしの仕事中でもクレート内でおとなしい様子。
でも今日はわたし帰るとクレートから出たがって鳴いたけど♪)
でも日に日に愛情が深まっていくのが自分でも感じられます。
Tioが来てまだ1週間、これから十何年も一緒に暮らすうちに
お互いにかけがえのない存在になっていくのでしょうね。

そして睦月も…
仲良くなってほしいなんて望まないけれど
せめて一緒にいても安心できるような存在になってくれるとうれしいな。

Comment 0

Leave a comment