睦月の換毛 Tioの災難

040830

換毛真っ只中の睦月…

またまたすごいお顔になってます。
背中にも線が入っているし、お尻はもっこもこ。
それなのに 牧草が予定していた日に届かなくて
しかも週末を挟んだために3日も遅れた!
もっと早く頼むべきだったんだけど…まさか遅れるなんて思わなかったよ~
体重は減ってないから今日はプチ牧草Dayにしようかな。
睦月はどんなに激しい換毛中でも体重が減ったことがない。
前はエネルギー補給のため…と思ってペレットを数粒増やしたり
栄養価の高い牧草を増やしたりもしてたけど
体重が増えてしまうので今では普段と変わらない食事にしています。
だからこそ一番牧草を食べてほしい換毛中にも牧草Dayができる。
でもやっぱり心配で、いまだに丸1日牧草だけにしたことはないのだけど…
ゴハンの時間が近づくとワクワクして待ってるし
葉っぱ数枚お皿に入れてあげるだけで満足するから(単純^^;)
睦月のプチ牧草Dayは、普段よりぐっと野菜の量を減らして
夕方のペレットを抜かし(これはなぜか催促しない)
夜のペレットを1~2粒あげることで実行しているのです。
ペレットも、食べられるってだけで満足するみたいで
1~2粒あげて「おしまい♪」って手のひらを見せると
それ以上文句も言わずに牧草を食べに行ったりするの。
あんまり深く考えない子で助かってるわ~





040830-2


↑お気に入りのくじらさん



Tioが来て数日後 左目の淵にポッチンと白っぽいのがあるのに気づきました。
ちょっと前に睦月の目にできたのと同じようなもの。
でもかなり小さくて、生まれ持ったもののようにも見えないこともなく
次の予防接種のときに聞こうと思ってそのままにしていました。
少しずつ大きくなってきて、目やにがたくさん出るようになり、
早めに連れてって診てもらおうか…と考えていた予約日の2日前のこと。
何と出血している! たくさんじゃないけど血が滲んでたんです。
でも出血は止まったし、気にする様子もなかったので予約日まで待つことにしました。
結果は 睦月のときと同じように
目の淵の分泌腺が炎症を起こしたのだろうとのことで軟膏を処方してもらいました。
1日に2回塗っています。診察のときにはすでにだいぶよくなっていて
今ではよぉく見ないと分からないくらいにまで治ってきました。

目のことがある少し前から 下痢に悩まされていた(?)Tio君。
フィラリアの薬を飲んだ(食べた)2~3日後からしばらく続きました。
このとき新しいフードを少しだけど混ぜるようにもなったので
そのどちらかが原因か、ストレスか疲れか…ってところだと思うのだけど。
(いったん新しいフードは中止。下痢が落ち着いてからあげてますが平気みたい)
先週まで毎日のようにちょっとだけ下痢していました。
最初の頃は水っぽいので心配したけど、食欲も元気もある。
訓練士さんが、少しでも元気がない様子ならパルボも考えられるけど
しっかり食べて活動的ならまず心配ないと言ってくれたので
とりあえず数日様子を見ることにしました。
そのうちに日に数回だったのが1日1回になり、2日おきになり…
2~3日に1度程度になった頃に2回目の予防接種があったのですが
念のためもう一度検便してもらったところ問題はなくてホッとしました。
今ではすっかり元通りになっています。
というより、前よりもしっかりしたウンチになってきている。
子犬の頃はソフトクリームのようなウンチをするらしいけど
硬くなってきたのは成長のしるしなのかな?
予防接種時にもう一度虫下しも飲んだんだけど
(ブリーダーさんのところでも2回済ませてくれていた)
その後虫が出ることもなく、おなかは大丈夫みたいです。

しかし今日になって再び問題が…
お昼ごろ ウンチを出そうとがんばっていたTio君。
でもなかなか出ない…何度も体勢を変えてようやく出たものには
なんとGreenies(食べられるガムみたいなもの)が入ってた!
しかもデカい! 3cm×2cmくらいの四角い緑の物体。
Greenies食べるとウンチが緑色になるのは知ってたけど
丸々出てくるなんて…というよりも、噛まずに飲んじゃったのね^^;
昨日ジムの家でクレートに入れてたときに噛ませてたものでしょう。
今までは手で持って噛ませてたんだけど
そのときは小さいのをさらに3分の1に切ってあげたから大丈夫だと思ってた。
出てきたこと自体に問題はないのですが
その後オシリを見たら…大きなイボができてたんです。
脱肛? 脱腸!? どうしよう~!!
幸いにもバイトが休みだったからすぐに病院へ。
いつもの先生はもう帰るところだったのですがちらっと見てくれて
連れてきて正解、処置した方がいいでしょうとのことで
1時間後に別の先生に予約を取りました(アメリカの動物病院は予約制)
(その間に 今日届いた睦月の牧草を取りにジムの家へ)
診てくれたのは忘れもしない、おととしの夏に睦月の耳を診察してもらった先生。
(「週に一度お掃除してください」って言った人ね)
予約を取るときに先生の名前を聞いて「う~ん…」と思ったけど
あれから2年も経つし、何より今回は犬だから大丈夫だろうとお願いすることに。
男の人だからTioにもいい経験になるし(今まで会ったのは女の人が多いから)
そしたら、この先生結構いい感じかも…と印象を覆されたのでした。
月曜の日中で患者さんがほとんどいなかったのもあると思うけど
何よりゆっくりと時間を取ってくれて、Tioもいっぱい甘えさせてもらって
こちらが質問しやすいような雰囲気だったの。
いつものドクターは毎回無理に時間を割いてもらってるようなものだから^^;
(聞いてくれるし、しっかり答えてくれるんだけど
彼女がどんな人かを知らないと人によってはたくさん質問しにくいかも)
睦月はいつものドクターじゃなきゃ不安だけど、Tioはこの人でもいいかも。
もちろん大事な診察のときは、信頼してるいつものドクターがいいけれど。

…と、肝心の診察結果ですが(なんでいつも話が長くなるんだろ??)
脱肛や脱腸ではなく、肛門の一部が腫れてしまっただけだろうとのことでした。
内部に異常も感じられないそうで、ちょっと安心。
炎症を抑える液体を塗ってもらって(甘いらしくて舐めようとしてた~)
5日分のお薬をもらいました。ビーフ風味でおいしいらしい…
病院でひとつあげたら喜んで食べてた^^;
地面に擦りつけたり齧ったりしなければ5~7日で治るそうです。
あの液体がついてなければ気にする様子はないので大丈夫かな?
気にするならエリカラをつけることになります。
排便時に痛むのかなぁ? あれからウンチ出してないからまだ分からない。
Tioごめんね…すべてわたしのせいだ。
Greenies小さくしたからといって安心できないね。
これからはきちんと手で持ってあげるようにしよう。

ジムの家ではわたしのバイト中色んなものを食べてしまっていたようで
翌日に吐くことが数回ありました(決まって何かの茎が出てくる^^;)
見ていられないときはクレートに入れて、と頼んでるのですが
鳴くので外につないでおいた方が困らないのでしょうね。
預かってもらってるのだから無理は言えないのだけど…
でもさすがに2~3回嘔吐したあとは もう一度ジムにお願いしました。
吐けたからいいけど、これが腸に詰まりでもしたら手術になりかねないもん。
幸い、クンクンは言うけど吠えることはなくなったので助かっています。

子犬は次々と問題を引き起こすから大変…ってよく聞くけど
ほとんどのことが人間側の落ち度だと思う。
きちんと見ていれば、クレートに入れておけば
危険なことや困ることを未然に防ぐことができる。
クレートはかわいそうとか言う人もいるけど 目を離すときに
自由にさせておいて怪我や病気をしたらそっちのがかわいそうだし
自由にさせておいて家具の破壊や粗相を叱るのはどうかと思う。
…これ、睦月のときにしてたことなんだけどね^^;
(粗相はほとんどなかったけど)
うさぎと犬では「いたずら」の度合いが違うし
うさぎが「いたずら」しても困るのはわたしだけだから
睦月のときにはまあ色々あったけど何だかんだ許せたけれど…
でも、何でも食べてしまうのは睦月もTioも同じだけど
Tioの場合はそんなに心配していません。たいてい吐き出すし
万が一開腹手術になったとしてもうさぎほどのリスクはないから。
でも油断してると今回のようなことになるよね^^;

そういえば睦月、ホント困ることをしなくなったなぁ~
もうすぐ3歳だもんね…大人になって落ち着いたんでしょうね。
Tioは今日で生後70日目。まだまだおとなしい頃だろう。
きっとこれからが大変なんだろうな^^;
ま、元気で楽しく暮らせたらそれでいいよね♪

Comment 0

Leave a comment