新しい家族♪

050730

よろしくね



またしばらくご無沙汰している間に 猫が仲間入りしました。



ある朝Tioとお散歩に行った公園で
草むらから子猫が現れました。
ガリガリに痩せて目やにのいっぱいついた、みすぼらしい子猫。
人も犬も怖がらず、甘えて擦り寄ってきます。
放っておいたらとても生きられそうにないし
とりあえず病院へ連れて行くことに。
猫風邪にかかってる以外はすべて良好、食欲も元気もあります。
抗生物質の飲み薬と目薬を1週間ほど続けたところ
目が開かないくらいひどかった結膜炎もだいぶ落ち着いてきました。
まだときどき左目を細めていることがありますが
体つきもしっかりしてきたし、この調子ですぐによくなると思います。

最初は大切にしてくれるおうちを探すつもりでいました。
…でもその「最初」はほんの半日足らず。
すぐに情が移ってしまい、「これ以上増えるのは…」と渋っていた親に頼んで
半分強行突破で「ウチの子」になってしまいました。
大きな大きなケージも買ったので
見ていられないときはそこにいてもらうつもりです。
ケージ生活も、子猫のときから習慣づけておいて
毎日ケージの外で遊ぶ時間を作ればストレスにならないそうだし
もう少し大きくなって家にも慣れたら
ケージから出て過ごす時間も増やすことができると思います。


草むらで拾ったので「草太」と名づけました。
生後1ヵ月過ぎくらいの男の子です。






050730-2


さて問題はもちろんこの(↑)ヒト^^;
同じ部屋にいるだけで異常に警戒したり
食欲や排泄に変化が見られるようなら猫は無理かと考えていました。
最初の1週間ちょっとは 草太の猫風邪の状態も良くなかったため
念のため別の部屋に置いて、会わせることもほとんどありませんでした。
(ちなみに猫風邪は他の動物にはうつらないとのこと。)
ときどき部屋の外に散歩に出た睦月がケージ越しにチェックを入れる程度。
草太がだいぶ元気になってきて、睦月の部屋に抱っこで連れて行くようになっても
離れていれば睦月は普段と同じように食べたり寝たりしています。
新しく大きなケージが届いたら 草太を入れずにケージだけ部屋に置いて
睦月が平気だったので、昨日初めて草太を入れて一晩過ごしました。
(それまでも何度も少しの間草太をケージに入れていました)
睦月は、こちらが驚くほど普段どおりです。
でもやっぱり近くにいると噛みつこうと襲い掛かるし
写真のようによくケージの側でゴロンと寝るようになりました。
…これは絶対見張ってるんだろうなぁ^^;
睦月も草太も落ち着かないだろうから、夜は布で目隠しをしています。
このケージは高さ178cmもある3階建で、草太は一番上で眠ることが多いです。
睦月も、そしてTioでさえも届かないので安心できるみたい。




050730-3

ご覧のように Tioとはすっかり仲良くなりました♪
Tioは最初から一緒に遊びたくて仕方がなかったんだけど
草太は唸ったり毛を逆立ててファーッて言ったりしてました。
公園では他の犬の足元をちょこちょこついていたのに、Tioは大きいから怖いのかな?
でも毎日会わせて、Tioがしつこくしすぎないよう気をつけていたら
昨日今日ですっかり仲良くなって、一緒に遊ぶまでに♪
Tioが鼻を突き出すと、草太が猫パンチを喰らわせたり噛みついたり…
草太は動きがすばやいしよく遊ぶので Tioはうれしくてたまらない様子。
そして今日は、ベッドで寝ていたTioのおなかや前足の間に
草太が入り込んで丸まってすっかりくつろいでしまいました。



扶養家族がひとり増えて 時間が足りない!という毎日ですが
みんなかわいくてみんな大好き♪
この子たちがいてくれるから楽しくてしあわせ。
人間に捨てられただろうというのに、人間大好きで甘えんぼの草太。
そのいじらしさに涙が出てくるほど…
これからはさびしい・ひもじい思いはしなくていいよ。しあわせになろうね。
睦月とTioと一緒にね。

Comment 0

Leave a comment