6/4(月)昼~夜 発症3日目その2

一進一退・・・



薬を飲んでもちっとも改善が見られないばかりか
逆に悪化しているような気がしていた
薬のせいではないけれど

午後2時 発症後初めて
睦月の呼吸が落ち着いた
1日半ぶりに眠れた様子・・・よかった~!

と、ホッとしたのもつかの間
ほんの数分後にまた激しいローリング
それ以降 1~2分間隔で何十分も続く
押さえていないと箱から飛び出してくるし
回っているときに骨折しても怖いので
目と手が離せない


ようやく少し落ち着いて
野菜やりんごを食べ、オシッコが少ないので
りんごを絞ってジュースにして飲ませる
結構食べてくれたけど、まだまだ半日分にも満たない
ペレットもよく食べるので、栄養は摂れていると思うけど・・・



ローリングは減ったものの、
なんだか痙攣発作のようなものが現れ始めた



(右のほうでウロチョロしてる影は草太です)


なんだろ、これ・・・
そんなに激しくなく、箱の外にも飛び出さないので
ローリングよりは(ワタシには)いいけど
この発作?のときはギリギリとつらそうに歯軋りをする
(ローリングのときはしない)

全般的なことも含めて病院に電話してみた
痙攣発作のようなものは、実際見てみないとなんとも言えないとのこと
あまり改善が見られないことも伝えると
リスクと天秤にかけてステロイドの血管注射をするかどうか
飼主の判断にゆだねるとのことだった
先生自身のうさぎだったとしても、迷うところだそうな・・・
10歳半という年齢を考えると当然のこと
ステロイドを打ってもらったとしても
それが効果あるかどうかは分からない
とりあえず、もう一晩様子を見ることにした


とてもつらそう・・・そして文字通り目が離せない
両親がTioを連れて帰ってきたとき
ようやくTioたちのゴハンの支度をして
洗濯が終わったまま放置していた睦月のタオル類を干すことができた

なぞの痙攣は、夜中までに治まった




夜7時頃 ダンナさんが帰宅
夕飯を作ってくれる
補ていできるようになってもらいたいので説明したら
すぐに上手に押さえられるようになった
睦月を任せて 軽く掃除をしたりシャワーを浴びたり
1時間にも満たない間だけど、4回も飛び出して大変だったらしい^^;
「これ1日中はキツイな・・・仕事行ってるほうがよっぽどラクだ(笑)」だって


ココから愚痴(笑)

その少し前 暴れまくる睦月を抱っこしたら落ち着いたので
そのままワタシも少し眠ってしまった
目が覚めたときあまりにも気だるくて
(これがあと何日続くんだろ・・・)と、正直ウンザリしてしまった
それこそ、「仕事行ってるほうがずっとラク」って思った
前回の斜頚のときも大変だったけど 年を取ったせいか?今回は体力的にキツイ~
首筋~腰まで全部ガチガチに痛い 連続して10分も眠れないのはつらい
何をしていても睦月の様子が気になる 物音に敏感になる
Tioや草太の何気ない行動が邪魔に感じる
激しいローリング中は「骨が折れるかも」と必死で止めるけど
押さえ込む力で睦月を骨折させかねないことに恐怖を感じる

決して「睦月がいちばんつらいんだから、ワタシはだいじょうぶ」なんて
キレイごとばかり思っていられない
睦月がいちばんつらいのは当然のこと
だからこそ、不安にさせないように明るく話しかけている
でも、恐怖や焦りや苛立ちも、看病の一部なのだと思う
それを睦月には見せないようにしなければならないだけで・・・


睦月がガツガツとごはんを食べてくれるのを見ると
それまでの暗い気持ちが吹っ飛んでいく
排泄時、苦しそうにローリングしてしまっても
出してくれたことに喜びを感じる
食べて、出してくれている以上 睦月はだいじょうぶ!
きっと、以前より睦月も年をとっているから
回復までに時間がかかっているんだよね
10歳半! 先生いわく「人間なら100歳越え」だもんね

睦月は強い子だから、だいじょうぶ!


Comment 0

Leave a comment