6/11(月)発症10日目

相変わらず寝たきりで、自分では動けないまま
日曜からまったく変わっていない
転がる頻度は減ったけど、慣れてきただけだろうと思う・・・


でも食欲は旺盛♪
野菜もペレットも牧草も よく食べてくれる
お薬も、果物に混ぜると気付かず食べるので助かっている

毛づくろいが上手になってきた
目やにが減ったのは、自分でお手入れできているからかもしれない
野菜ジュースなどで黄色くなっていた手の裏も
いつのまにか元通りになっている
ただ、下半身の毛づくろいがまったくできないため
下になっている右のオシリ周辺が排泄物で汚れてしまう

私がいない日中、両親にはシーツ交換等をお願いしているけれど
盲腸糞が出たときの処理は難しいみたい
出た直後に上手にとれば そんなに汚れずに済むのだけど
常に見張ってるわけでもないし とり方もちょっとコツがいる
昨日は帰宅したときに 盲腸糞がベットリ貼りついていて
取りきれないので毛を少し切った
毛を短くしておけば、汚れたときのお手入れもスムーズ
でも地肌が荒れないように ある程度の長さはキープしておかなければならない


この日は オシッコの出そうなタイミングを見計らって
睦月の体を支えて座らせ、「ピーピーピー♪」と促してみた
睦月は、トイレに乗せて「ピーピーピー♪」と声がけするとオシッコをするのだ
犬が合図でトイレできるんだから、うさぎだってできるはず!と
睦月が小さいころから、オシッコしてるときにピーピー言ってたら
いつの間にか覚えていた
検尿したいときなど、とても助かる

睦月が暴れるのはオシッコのとき
体を汚すのも、ほとんどオシッコのとき
だから見ていられる時間には 体を支えてオシッコさせたら
暴れるのも汚れるのも最小限に防げる
私が寝る前にオシッコしてもらえば 少しでも長い時間連続して眠ることもできる

この作戦はなかなかいい♪
昨晩は就寝前にジュースを飲ませたので、夜中何度も起こされたけど・・・^^;
水分補給のタイミングも考えれば、静かな夜を過ごせるかもしれない


オシッコのとき苦しむのはなぜだろう?
出す前もバタバタ暴れるし、出している最中も「きゅぅぅ~~っ」とつらそうな声を出す
出しているときにつらいというのは、痛いのかな?
膀胱炎にでもなっているのだろうか?
頻度や量にはおかしなところは見られないけれど
念のため、水分量を増やして様子を見ている


気付けば寝たきり生活も10日を超えた
来週の今ごろには「ずいぶん良くなったねー!」と笑えるようになっていますように・・・

Comment 0

Leave a comment