6/13(水)発症12日目

この日も寝たきり状態に変化なし
食欲は、少し減ってきているのか?偏食になってきている
好きなものをたくさん食べさせすぎているのかもしれない^^;
もう少し牧草を食べてくれないかなぁ・・・


帰宅して箱を覗き込むと 首を伸ばしてニョンと出迎えてくれる^^
ごはんを食べてもオシッコしてもなぜか暴れるときには
箱から出してクッションの上に寝かせたり
抱っこすると満足そうに眠る
ずっと箱の中で同じ体勢でいるのはしんどいよね・・・
日中も母がときどき抱っこしてくれているそうな
普段抱っこできない分、うれしそうにやってくれている(笑)


睦月はいま、何を思って日々を過ごしているのだろう?
つらそうな顔をすることはほとんどなくなったけれど
思うように動けないのはストレスたまるよね・・・
特にご機嫌ななめになる様子もないけれど
(前回の斜頸のときはイライラしているのが見て取れた)

箱の中に敷くシーツを新調した
吸水性に優れ、表面をサラサラに保つシーツ
赤ちゃん用や介護用として売られているけど、ペットに使う人も多いみたい
大きいので4等分にカットしてこまめに交換している
オシッコした直後は濡れてしまうけど 数分で表面はサラサラになる
ペットシーツを交換できないときにはいいかも
100回洗って使えるらしい 小さくカットしたので手洗いも楽チン
今のところ床ずれや尿荒れはしていないけれど
汚れるのを最小限に防ぎたい

現在の課題は、盲腸糞
自分で食べることができず、オシリ周りにベッタリついてしまう
それを下にして寝るから
私が帰宅するころにはカチカチに固まってしまい
毛を切るしか綺麗にする方法がない
(お風呂に入れられたらいいんだろうけど、
いま睦月を支えながら洗ったり乾かしたりするのはたぶんムリ)
毎日綺麗にして、消毒液で拭いて丁寧に櫛でとかしているけれど
そろそろ下半身の右側がウンチ臭くなってきた^^;
いっそのことオムツでもつけるか!?


これは「介護」ではなく「看病」であると
睦月にも自分にも言い聞かせている
睦月は決して高齢のために動けなくなっているわけではない
病気が回復すれば「看病」はいらなくなる
私の手助けなしに もう一度食べたり跳ねたりできるようになるよね

Comment 0

Leave a comment