闘病生活を支えるものたち~マット編~

寝たきり生活も1ヶ月を超え
いろいろとグッズもそろってきた

最初は「長くても1ヶ月程度のことだから」と思ってたけど
この調子だと数ヶ月以上かかるかも、という覚悟ができるとともに
ものをそろえる必要性を感じたためだ




まずは睦月の普段過ごすスペースをご紹介

120708_M1
1ヶ月間、箱入り娘です(笑)

長くなるなら もっと別のものを・・・とも考えたのだけど
プラスチックや金属のサークルは危険だし
カゴならやわらかくて涼しいけど、汚れを落とすのが難しいし
結局、段ボールのまま
ぶつかっても危なくないことと、汚れたら交換できることが最大のメリット
(タダというのも大きなメリット♪)

心配になるのは、暑さ対策
段ボールって結構保温性高いので、深さがあると暑いのでは?
でも、壁を高くしないと 睦月が飛び出てくるし
(実際、びょーんと飛び出してきたことがある^^;)

とりあえずは、この段ボールの上にワイヤーネットを置いて
その上にタオルを敷き、保冷剤を乗せている
そして中にも タオルでくるんだ保冷剤
もっと暑くなったら、保冷剤の数を増やすつもり
実家の両親は、日中クーラーを使わない
いつもは睦月の部屋だけクーラー入れっぱなしにしてくれてたけど
目を離せない今は、両親の過ごすリビングに睦月BOXを置くので
保冷剤でしのぐしかないのだ
無理を言えばクーラー入れてくれるだろうけど
まだそこまで暑くないので、今はこんな感じ




箱の中には、低反発の枕を置いて
その上に吸水シートやペットシーツ、SUSUマットのような吸水マットを敷いている
SUSUマットは、手洗いしやすいサイズにカットした

SUSUマットを一番上にするのは、ペットシーツ交換が難しいとき
(夜中や運転中など)
普段は、ペットシーツを何枚も重ねて置き、
オシッコした直後に1枚引っ張り出すようにしている
睦月はなぜか2、3回に分けてオシッコしたりするので
1枚しか敷いていないと、次が間に合わないことがあるのだ
だから、4、5枚のペットシーツを重ねている

オシッコのときも、なるべく体を支えてあげて
足やオシリが濡れないような体勢にする
オシッコの直前は暴れたり鳴いたりするので、見ていれば分かる
(両親にはまだ分からないらしく、汚れてしまうことも)



睦月BOXの内側は、ペットシーツごと丸めたタオルを置いて
ローリングの際の衝撃防止と、枕とに使っている
ジュースなどで汚れたら、オシッコシーツに回す
やっぱり、ペットシーツはいくらあっても十分ということはない


先日の病院で診てもらったけれど
今のところ、尿荒れも起こしていないし
床ずれ状態にもなっていないそうな
ちょっと骨が出っぱってて心配だったのだけど
だいじょうぶらしい
引き続き、気をつけなければ!


Comment 0

Leave a comment