信頼できる動物病院とは

9/15 家から20分程度のところにある
「うさぎも診れる」という病院へ行ってみました
調べたり聞いたりした限り、県内では一番よさそうなところです



6月から隣県のうさぎに詳しい病院へ隔週通院し、
膿瘍について一通りの相談と処置と検査を済ませました
合間に他の病院にも相談したり、自分でも調べたりして
やはり「(今の獣医学では)膿瘍は治らない」という現実を思い知った・・・


いまはとりあえずこれ以上大きくならないことを目標に
毎日できる限り排膿しているのですが、
ときどき硬くてまったく出てこなくなる日が続きます
次の通院まで出ずに、パンパンに膨れた状態になってしまうことも・・・
というわけで、近くで排膿処置ができる病院を探すことにしたのです

実のところ 最近隣県の病院でも排膿処置と薬の処方だけなので
もし近くでそれができる病院があれば、変更しようと思っています
もちろん、この辺にはうさぎに精通した獣医さんはいないので
いまの病院でしかできないことが出てきたらまたお願いしますが・・・


いまの先生にそのことをお話する前に新しい病院の目星をつけておこうと
土曜日、行ってきたというわけです





診察室に呼ばれると、診察台の上にバスタオルが敷いてありました
でも、その病院の診察台が高いんです
動物病院は10軒以上行ったことがあるけど、一番高かったかも・・・?
「斜頚でバランスが取れなくて暴れるかもしれませんが、大丈夫ですか?」
と看護師さんに聞いても「大丈夫です」との答え
万が一のことを思ってすぐ手が出せる位置にスタンバイして、睦月を預けると
看護師さんはすぐに睦月をタオルでくるんで、抱っこして床に座ってくれました
(そうするなら最初に言ってよ~^^;)


しばらくして先生がやって来て
病状やこれまでの治療についていくつか質問をされたあと
何も言わずに奥の処置室へ睦月を連れて行きました
診察室から見えるところではあるけど、いったい何をするのか・・・
事前説明がないので、不安で仕方ありません^^;
看護師さんが睦月を仰向けにして、もう一人のスタッフさんが押さえ、
先生が処置をしていたようです
穴が小さいので広げますよ、ということを言われたのでお願いしましたが
何を使ってどうやって広げるのかも不明なまま・・・
ハサミ(カンシ?)のようなものと、洗浄液の入ったシリンジが見えたので
おそらくいつもの病院での処置と同様のことをされていたのだとは思います
(処置後、やはり電解水で洗浄したと説明されました)

このとき、私の頭の中は不安と不信感が渦巻いていました
「うさぎ診れます」といっても、実際はロクに診れない病院が多い
先生はともかく、スタッフはどれだけうさぎの扱いに慣れているのか?
睦月を仰向けにしている人の手には、どれだけの力が入っているのか?
犬猫と同じ感覚で押さえると骨折しかねないことを知ってるのか?
もう一人はなぜ意味もなくおなかをなでたり足を握ったりするのだろう?
うさぎが最も嫌う箇所なのに、そんなことも知らない人がスタッフなの??

睦月が少しでも嫌がる様子を見せたら速攻止めに入ろう、と決めて
ジリジリと処置室へ近づきながらも見守りました
幸い、睦月は一度も暴れることなく処置が終わり、無事戻ってきました
すぐに引き取って様子を確認したけど、興奮することもなく大丈夫そう・・・
膿も半分くらいに減りました
(いつもの病院でも半分ほどしか出せない)
薬がなくなっていたので、同じ薬を処方してもらって帰宅しました




確かに、膿は出してもらいました
穴が広がったので、家での排膿も再びできるようになりました
必要なお薬も処方してもらいました

でも・・・
なんだろうこの不信感は^^;
インフォームドコンセントの重要性を実感した出来事でした




思えば、これまで信頼してお任せできた獣医さんというのは
レントゲンや手術など、別室じゃないとできないことを除いて
私の目の前で診察も処置もしてくれた方ばかりでした
もちろん、これから何をするのか、なぜその処置をするのか
事前に必ず説明してくれて、私の質問にも答えてくれました
アメリカでは処置は別室ですることが多いのですが
(やいやい言ってくる飼い主とのトラブル防止のため・・・と聞いたことがある)
睦月の先生は、私の気持ちを汲んで可能な限り診察室でしてくれました
隣県の先生は「見てて大丈夫?」とは聞いてくれましたが
(出血したりするので、気分悪くなる人もいるのかも?)
最初から毎回 私が保定して先生が処置する、という2人体制です
(採血のときだけはスタッフが入って3人体制になる)

飼い主さんにもよるのでしょうが、私は可能な限り見守りたいし
できるなら自分で保定したいと思います
いくら病院のスタッフさんとはいえ、初対面の人に睦月を預けるのは心配なんです
目の前で何度か保定する様子を見て、この人なら大丈夫って思えない限り
失礼なのは承知してるけど、やっぱり信用できないんですよね・・・

これはうさぎだからだと思います
Tioや草太のときはここまで思わないから(でも自分でしたいのに変わりはない)
私はきっとすごくめんどくさい客だと思います^^;


でも、睦月だって
ただでさえ緊張する病院で初対面の人に抱っこされて、
その上痛い処置をされたら、不安でたまらないと思うのです・・・


もう1軒、あたってみたい病院があります
先日Tioの歯のことで連れて行き、別の病院を紹介してくれたところです
うさぎは専門ではないけど診ているとのことだし
とても感じがよかったので、これで処置が上手だったらいいな~












■コメント欄クローズ中です。
「応援してるよ~!」って言ってくれる方は
ポチと押していただければ、励みになります!