睦月 11歳

10/23は睦月の誕生日
無事に11歳を迎えることができました☆


121023_M1

斜頚さえなければ、きっといまもお庭を駆けまわっていたことでしょう^^
そう思えるくらい、元気いっぱいです
内臓の病気はひとつもなく、毛づやも以前と変わりナシ
おいしいもの求めて瞳きらきら なでて!ってホリホリアピール
元気でそばにいてくれるだけで 本当にありがたいことです



小さな赤ちゃんだったころの睦月
いまでもはっきりと覚えています
あどけない表情と子うさぎらしいしぐさが愛らしかったなぁ~

おてんば盛りの1~2歳 色々なものを破壊された・・・^^;
ちょっと気性が荒くなって やたらホリホリしまくる時期もありました
ぶぅ!って怒られたり、時には噛みつかれたり、引っかかれたり
そのたびに本気でケンカして、仲直りして・・・
「そういうことしたら危ないでしょう!」などと言い聞かせると
「ぶぅー!!」と口答えされることもありました(笑)
思えば、あの年月が私たちの絆を深めた気がします

3歳になったころから お互いのルールは完全に確立しました
ケンカも減り、ふたりまったりと過ごす時間が増えたかな
4、5歳くらいまではときどきジャンプしたりしてたけど
基本的にのんびりとしていることが多かった睦月
それでもお庭に出ると いつもウキウキと走り回ってました

4歳のとき発症した斜頚は
獣医さんも驚くほどの回復力で 3ヶ月も経たないうちにすっかり元通りに
ときどきそういう子の話を聞くけれど、あれは何なんでしょうね・・・?
とにかく、あのときの介護経験がいまとても役に立っています

8歳くらいから甘えっ子に拍車がかかり
人が通りかかるたびにタターッと駆け寄ってきて
頭を低くして「ナデテ♪」というので
睦月の部屋に入るとなかなか出てこられない、なんてことも^^;
それは私だけじゃなく 夫に対しても、実家の両親に対しても同じでした

9歳を過ぎて、耳の付け根に膿瘍ができました
プックリと腫れて、耳を浮かせていた睦月
切開して排膿する処置は目を覆いたくなるほど痛そうで・・・
それでもほぼ毎日、がんばって耐えてくれました
処置が終わっても決して根に持つことなく
「がんばったよ! ごほうびごほうび♪」ってまとわりついて
いい子だったねってナデナデしたら ぺちゃんこになって歯を鳴らしてた

睦月を迎えたときからの目標だった10歳を軽々と飛び越え、
膿瘍と斜頚と闘いながらも 睦月らしく過ごしてくれています

あとどのくらいそばにいてくれるのかな?
さよならの前には何か合図を送ってくれるかな?
そのときはちゃんと受け止めてあげられるかな・・・?

睦月と過ごした時間があまりにも深すぎて
睦月への思いがあふれすぎて、身動きが取れない気持ちです



大好きな大好きな睦月
生まれてきてくれてありがとう
あのとき出会ってくれてありがとう
これからもいっぱいいっぱいナデナデしてあげるね


121023_M2



Comment 2

2012.10.24
Wed
11:31

ちょっQ  

Re: 睦月 11歳

睦月ちゃん。11歳のお誕生日 元気に迎えられたね
心よりおめでとう(((o(*゚▽゚*)o)))
希ママの喜び 感慨もひとしおのことと思います

きっとこの11年間 喜怒哀楽の中心は
睦月ちゃんだったのではないでしょうか?
かく言うアタシも球を迎え入れてからは喜怒哀楽どころか
生活の中心まで球であったように感じます

先を思うと憂う気持ちも湧いてきますが
本兎たちは毎日毎日 生きることに直向きなんだと思うと
『ここまで来たからには毎日がお誕生日』
今日という日のお誕生日おめでと~ ありがと~の気持ちで
お互い明るく楽しい
HAPPY♡うさLIFE を送りましょう


晴れ着姿お似合いだったよ睦月ちゃん
やっぱりいい格好すると得意顔になるんだね<(`^´)>エッヘン!
そんなとこも可愛いよ

2012/10/24 (Wed) 11:31 | REPLY |   
2012.10.24
Wed
23:07

希  

Re: Re: 睦月 11歳

ちょっQさん

ありがとうございます!
本当に、感慨深い気持ちでいっぱいです。

「喜怒哀楽どころか、生活の中心」
まさにそのとおりです。
睦月が私の人生の方向をガチッと決めてくれました^^

10年以上経っても、「十分長生きしたね~」
って気持ちにはなりませんよね。
1日1日を大切に、毎日ありがとうの気持ちを忘れずに
この子たちがうれしいって思える時間を過ごしていきたいですね。

晴れ着姿、お褒めいただきありがとうございます♪
ちょうど誕生日近くだったし、いい記念になりました^^


2012/10/24 (Wed) 23:07 | REPLY |   

Leave a comment