お口が痛いTio

最近トラブル続きですが・・・
お次はTioです


121206_T1


いつもゴハンの後にTioのお口と歯を拭くのですが、
その際マズルの上に手を乗せて、上唇を持ち上げます
普段何の抵抗もなくさせてくれるTioなのに、最近少し逃げ腰
そしてある日、いつものようにお口を拭こうとしたら
「ヒンッ」と小さく泣いたのです

これはどこか痛むに違いない、とあれこれチェックしてみたけれど、
目に見える異常がない・・・翌日、獣医さんで診てもらってきました


どうやら右の第4前臼歯の歯茎が腫れているらしい
歯茎を軽く押すだけで「ヒィィ~~ン(ToT)」と泣くTio・・・
右の第4前臼歯といえば、9月に折れて修復処置をしてもらった歯
よく見ると、修復部分とTio自身の歯の境目が分かるようになっていて
もしかして、レジンがはがれた?と 先生も私も思ってしまいました
はがれて、そこからばい菌が入り込んだのでは・・・
でも歯髄は露出していなかったはずなのに??



121206_T2


先生は、修復処置をしてくださった隣県の先生へ電話してくれました
そして翌日午前中会社を休んで、隣県の病院へ連れて行くことに・・・
とりあえず、その日は一晩分の抗生剤と痛み止めをもらいました


翌朝、隣県の病院で診てもらったところ
修復部分のレジンはきれいに残っているとのこと
歯との境目がくっきりしてきたのは、歯が黄ばんできたからでした
作り物のレジンは黄ばむことがないから、時間とともに色の差が出てくるそうです

歯科専用レントゲンでは、歯根と歯根の間の歯肉が腫れていることが確認できました
(第4前臼歯には3本の歯根があります)
でも、歯髄の炎症が歯肉に広がっているというわけではないようです
そもそも、9月のケガで歯髄の露出がなく、さらにレジンが残っているということは
破折部分からばい菌が入り込んだという可能性はないわけです
(そして9月の時点で実は露髄してたのであれば、もっと早くに腫れてきてたはず)
歯髄はおそらく問題なくて、歯と歯茎の間からばい菌が入りこんでしまったのかもしれません
歯石がついていなくても、歯肉炎が起きることはあるとのことでした

ひとまず2週間抗生物質を飲んで、治まるようであれば歯肉炎だと思います
これで治まらなかったり、再度レントゲンを撮って異常が広がっていたりしたら
「吸収病巣」といって、歯や骨を溶かしていく原因不明の病気の可能性も・・・
でも、これは犬では滅多にないそうです(猫には非常に多いそうな)


口の中の病気、特に腫瘍は悪いものが多いと聞いたことがあったので
私も家族も心配していましたが、腫瘍ではないと言ってもらえました^^
痛いのは炎症を起こしているからで、腫瘍だったら痛くないそうです
(腫瘍の内部に炎症が起きていたりすると痛むこともあるらしいけど)

2日ほど抗生物質を飲んだら、だいぶ痛みが引いたのか
それまで気持ちゆっくりだった食事ペースも(ホントに気持ち程度^^;)
元に戻ってきていますし、最近なんとなく元気なかったのも元通りになってきました
食べるし遊ぶし、どこが・・・というわけじゃないんだけど、
なんとな~くいつもと違うなぁ・・・という感覚、一緒に暮らしてると分かりますよね^^




121206_T3




最近、みんな病院続きですが
大きな病気になっていないだけラッキーだと感じています
みんなシニアだからいろいろ出てくるのかな~?
私にできるのは、日々の観察と食事の見直しかな



2週間後にもう一度診てもらう予定です

Comment 2

2012.12.08
Sat
22:09

きなこ  

Re:お口が痛いTio

みんな大変だね~**
病気まで仲がいいなんて・・・
歯は動物にとってとっても大切だからちゃんと治さないとね
Tio君、元気出して!

2012/12/08 (Sat) 22:09 | REPLY |   
2012.12.09
Sun
14:19

希  

Re: Re:お口が痛いTio

きなこさん

ホントに、合わせたようにいろいろ起きてます^^;
ま、Tio草太は同時におなじ病院へ行くからかもしれないけど・・・

歯は大事ですね!
歯科医療に詳しい先生が市内にいてよかったです。

Tio、すっかり元どおりですよ☆
大きな病気じゃなかったようで一安心です。
特別なことは何もいらないから、
ただただ元気でいてほしいですね・・・

2012/12/09 (Sun) 14:19 | REPLY |   

Leave a comment