3/19(土)病院記録~Tio血液検査編

外注に出していたTioの血液検査結果
昨日、詳しいお話を聞きに行ってきました

これは土曜日の病院で





結論から言うと、以下2点に異常ありでした
・リパーゼ・・・若干高い
・コバラミン(ビタミンB12)・・・低い

コバラミンの血中濃度は、測れないほど低かったのです





今回の血液検査では、膵外分泌不全を疑って項目を追加して調べてもらいました(TLI、コバラミン、葉酸)
12月の急性膵炎で4kg落ちた体重が戻らなくて、肋骨が触れるほど痩せてしまったためです
食事の量も質も回数も工夫しているというのに、なんとか32kgをキープするのが精一杯

たくさん食べても常におなかをすかせています
どんぶりごはんを食べた直後でも、夜遅くに眠っているときでも、何度もキッチンへ行ってウロウロ…
ゴールデンらしく食いしん坊のTioでも、さすがにおかしい、と思う行動です


膵外分泌不全だと食べても痩せていってしまいますが、TLIの値が高いことからその可能性は除外
リパーゼとTLIが若干高く出ていたことから、膵炎の影響ではないかと思われるそうです
コバラミン(ビタミンB12)はレバーなどに多く含まれていて、Tioの食事にも頻繁に入れています
特に、2月に貧血気味と診断されてからは意識して入れるようにしています
さらに、貧血対策でサプリメント(ペットチニック)を添加していたし、食事中のB12が不足しているとは思えず、吸収不全だろうと思われます

コバラミン以外の栄養素は検査していませんが、おそらく満足に吸収できていないことが予測されます
ではなぜ吸収不全が起きているのか?
その原因は、食物アレルギー、腸内細菌の増加、腸の炎症や収縮、腸管リンパ腫など、色々あるようですが、内視鏡やCT(いずれも全身麻酔)でなければ確定できません
Tioは太れないこと以外に下痢、軟便、嘔吐などの症状はなく、年齢も考慮すると、現段階での全身麻酔での検査はやめて、対処療法を順に試していくことになりました
通常、まずはアレルギー対策食となるようですが、Tioに手作り食を食べさせていることをご存じの先生は、次の段階である、抗生物質の使用から始めましょうとおっしゃいました(それに、おそらくアレルギーが原因ではないと思います)
フラジールという抗生物質を2週間飲ませて、再検査の予定です
他に、膵炎の薬と、ビタミンB12のサプリメントを毎日飲ませます


体重が戻らないことが、単に年齢のせいではないことは分かりました
しかし、「これ」といった診断が現時点では難しいため、治療も手さぐりになってしまいます
効果が出るまで、せめて今の体重をキープしなければ…

膵臓の心配さえなければ、脂肪分の多いケーキでもアイスでもあげちゃうのにね~


当のTioはとっても元気です(^o^)
朝だけ、眠そうですが、それ以外はぬいぐるみ振り回して遊んだりしますよ

以上、血液検査結果についてでした




Comment 0

Leave a comment