奇跡の時間

日曜日にステロイドを始めて4日



月曜日の夜に軽くえずいただけで、一度も吐いていません😆
おなかの調子もいいし(量は少なめ)、何より元気元気!

貧血はまだあるのか、朝はダルそうにしているけれど、今朝は笑顔見せてくれました♪



夕方~夜は元気いっぱい、ぬいぐるみをブリブリ振り回しております
むぎちゃんに「遊ぼう!」ポーズをしたり、鼻ツンしたり♪

火曜日は朝夕2回もお散歩に行ったのに、夜もとても元気でした
ここ数ヶ月、2回お散歩行くと夜疲れた感じだったのに、なんだか前より元気かも!?
年齢的なものだけじゃなく、体がしんどかったんだね…




自己免疫疾患とは、免疫システムが暴走して自分の細胞まで攻撃してしまう状態です
Tioの場合、胃腸と赤血球が攻撃対象となっているようです
CTで見ると胃の出口と十二指腸に異変があるため、典型的な炎症性腸疾患(IBD)の症状である下痢ではなく、嘔吐があるのでしょう
炎症を抑え、過剰な免疫反応を抑制するためにステロイドが投与されることが多いのですが、万が一リンパ腫だった場合、ステロイドを使ってしまうと抗がん剤が効きにくくなります
リンパ腫ではないことを確定するには内視鏡で細胞をとる必要があるものの、下痢も(当時は)嘔吐もなく、軽度の貧血というだけで、高齢で心臓病を抱えるTioに対し麻酔下での内視鏡検査をする勇気がありませんでした
今回、CTでの胃の状態から内視鏡検査は結局できませんでしたが、リンパ腫が否定され、他のガンであっても確定できない(抗がん剤を使用しない)以上、ステロイドを使って今ある症状を抑えようということになりました



ステロイドは症状を抑えますが、根本的な治療ではありません
免疫システムを正常化するにはどうしたら良いのでしょうか?
これまで免疫力を高める工夫ばかりしてきたけど、バランスが大切なのだと思います
今はつらい症状があるからステロイドを使うことに決めたけれど、長い目で見るとそれだけではいけないような気がしています



「長い目で」と考えられること
数ヶ月先を思って悩めるのがどれほどありがたいことか…
炭水化物は腫瘍の餌になると知りながらTioの大好きなパンを買った、2週間前のあの絶望を思うと今は奇跡のような時間です


きっともっと元気になるよ!



Comment 0

Leave a comment