再検査(良い感じ♪)

たまに吐くけど、比較的元気に過ごしてます

『おとーさんちでごはん待ちです』






10/23(日)先週末も病院でした
体重は32.85kg(先週より500g増加)
吐いていたし、腹水が増えたかなと思ってたけど、エコーでは減っていました🙌
胸水は先週と同じくらい
そんなに苦しそうじゃないので抜きませんでした


そしてエコーでいつも見せてもらう、胃と十二指腸の腫瘍…
今回はどれだけ探しても見つけられなくて、先生が首をかしげていました
そんな急になくなるわけもないので、たまたまだったのだろうとは思いますが、胃の内容物の流れも良いし、調子は良さそう






血液検査結果

アルブミンはわずかに上昇(改善)、でも誤差の範囲かな?(1日の内でも変動するそうです)
ALP(肝臓の数値)は緩やかに上昇(悪化)
でもまだまだ許容範囲だそうです
同じく肝臓の状態を示すGPT、GOTは、前回より下がっていました♪
肝臓保護のハーブであるミルクシスルは、以前から投薬(フィラリア駆除薬やワクチン接種前後等)のたびに使用していましたが、これまでは粉末を食事に振りかけるだけでした
チンキの方が吸収率も良いし効果が高いとのことなので、最近はチンキにして使っています(煮出して食用グリセリンを混ぜるだけ)
肝臓の数値の上昇が緩やかなのはそのおかげだと信じることにします







前回から「もしかして」と感じていましたが、貧血が改善されてきているようです
本当にジワジワとですが、数値が上昇している!
今年に入ってからどんなに食事やサプリを工夫しても下がる一方だったのです
やはり炎症が治まってきていると期待しても良いのでしょうか??






また吐くようになったのでステロイド増量を覚悟してきたけど、同じ量で良いことになりました
(先週は、火・水と吐き、木は制吐剤を飲ませて吐かず、金・土・日は吐かなかった)
ステロイドよりも免疫抑制剤の方が体にやさしいと知り、相談してみたところ、今週から免疫抑制剤も始めることになりました
ステロイドは即効性があり、炎症を抑えてくれるので、症状が酷いときには必要だと思います
でも炎症が治まってきたら、免疫抑制剤で暴走する免疫を落ち着かせて再発を防ぐようにして、ステロイドを極力減らすか、最終的にはステロイドなしにできればと思っているのです
免疫抑制剤が効くまでには2週間~1ヶ月かかるので、当面はステロイドを併用し、その後ステロイドを減薬して様子を見ていくことになりそうです

ステロイド、最低量しか飲ませていないけれど
体への負担を考えると、徐々に減らしていけるといいな
おもらししちゃうしね(土曜日も漏らしちゃったの💦)











消化の悪いものは吐く恐れがあるけど、ターキーアキレスは大丈夫





おやつ食べられるから良かったね!

『もっとちょーだい❤』




Comment 0

Leave a comment