お別れのとき

Tioの苦痛は夜明けまで続きました


11/12(土)朝、病院へ

実家に立ち寄り、両親に最後のお別れを言いに行きました
朦朧とする意識の中、それでもTioはわずかに笑顔を見せたそうです
2階の出窓から、草太と麦太が見送ってくれていました
ふたりそろって窓辺にいるのは初めてのことでした











Tioを長年診てくれていた先生は、その日不在でした
別の先生にDDの中で一度状態を診てもらって、もう楽にしてあげようと考えていることを伝えると、担当医に電話をするため、先生は一度病院へ戻りました



待っている間、Tioは口を少し開けて弱々しく呼吸をしていました
喉に溜まった咽頭液を取り除いた際、閉じた奥歯が一瞬私の指を噛みしめました
いつもなら少し歯が当たっただけでも申し訳なさそうな顔をするのに、それでも混濁した意識の中、「痛いよ」って言うと力を緩めてくれたTioでした









かすかになっていく呼吸
Tioのお顔に寄り添いながら、いい子だね、可愛いね、大好きだよって何度も何度も話しかける
「DD乗ってどこに行こうね?」
「茅野がいいかな? 野辺山かな?」
「曽爾高原? 熊野がいいかな?」
そんな話をしている内に、Tioはお顔を少しのけぞらせて小さくブルブルと震えたあと、静かに眠りについたのでした








ようやく楽になれたね






病院では、安楽死の準備が進められているところでした
最後までわずかに迷いがあった夫が心を決めた直後でした
母は反対していました 父も私も、できるならしたくなかった
そんな気持ちをすべて受け止めて、Tioは自らの力で逝きました





大きな体のTioが寝たきりだったのは、わずか3日でした
私はもっと苦労をしても良かったのに、Tioはそれを望んでいなかったのでしょう
共働きの私たちにとって土曜日の午前中に看取れたことも
最後に両親に会わせてあげられたことも
思い出の詰まった大好きなDDの中で旅立ったことも
何もかもが完璧で、最期まで本当に優しくてお利口さんでした


病院の駐車場だったので、すぐに綺麗にしてもらえて、院長先生をはじめ、皆さんに丁寧に見送っていただきました
できるだけ綺麗に送ってあげたかったので、本当に助かりました

火葬の手配をして、お花とTioの好物を買って帰宅
その夜、夫はTioと最後の車中泊をしました
(私は草太たちと家で就寝)












11/13(日)
出発前に、メーちゃんが会いに来てくれました

Tioの肉球をクンクン嗅いでいたっけ…いつもの香ばしいにおいがするよね^^
メーちゃんの愛らしさとスパイクくんの元気さに慰められました




来てくれて本当にありがとう







生前、会う人みんなに褒められたTioの毛並みはやはり美しいままで、病気さえなければもっともっと長生きしただろうな、と思います
綺麗な体を炉に入れ、火をつける瞬間は苦しく、だけどTioの魂がもうそこにはないことを実感しました


Tioの顔も体も毛も爪もにおいも、すべて大好きだったから、それがなくなってしまうことはとても寂しい
だけど何より大好きなのは その天真爛漫な魂なのです
だからカタチがなくなっても大丈夫
Tioは、今もDDでニコニコ笑っているように感じます


これからもずっとずっと
ずっと一緒に旅をしていこうね












以上が、がんばったTioの記録です
子犬の頃からお利口さんだったTioは、
最期の瞬間まで私たち想いの優しい子でした




Comment 4

2016.11.19
Sat
22:07

みー  

no subject

Tio君の頑張った様子、しっかり胸に刻みましたよ。
痛いほどに立派な旅立ち・・・Tioくん、いい子過ぎるよ。
そんな風に逝かれたら「なんで早く行っちゃったの?」て
責められないでしょ。

白鳥の雪の中で遊んだ思い出、実際のTioくんは大きくて、
お気に入りの棒を追いかけてたね。

ブログを覗けば、いつもニコニコ笑顔。
平日の昼間はお父さんとお母さんと一緒に過ごせて
寂しくなかったね。

沢山の愛情を注いで貰い、皆にもそれを返してお空に
旅立ったのね。

これからもずっとずっと大好きだよ。

2016/11/19 (Sat) 22:07 | EDIT | REPLY |   
2016.11.23
Wed
21:15

希  

Re: no subject

みーさん

長い記録を読んでくれてありがとうございます。
Tio、本当にがんばり屋さんでした。
私たちの気持ちを一番に考えてくれる、愛情深い子です。

アールくんと遊んでもらったこと、忘れません。
また今年も雪遊びできるとばかり思っていました。

たくさんの人に愛されて、Tioは幸せです。
私たち家族にとって、Tioはとてもとても特別な存在です。
これからもずっと…

Tioがいないことにまだ慣れませんが、あの笑顔を想いながら少しずつ前に進んでいきたいと思います。

2016/11/23 (Wed) 21:15 | EDIT | REPLY |   
2016.11.24
Thu
15:42

ゆみ  

no subject

ごめんなさい。
遅くなってしまいました。

びっくりして涙がとまりません。

Tio君の笑顔忘れません。

これからも一緒にDDで旅を続けてね。

どうか安らかに。

2016/11/24 (Thu) 15:42 | REPLY |   
2016.11.26
Sat
13:45

希  

Re: no subject

ゆみさん

ありがとうございます。
また元気になると思ってたのですが…😢
DDに乗っても前ほど楽しくないです。
でもTioの大好きだったDDですから、
これからも大事に旅を続けていきます。

桃ちゃん、10歳になったのですね!
おめでとうございます♪
寂しい気持ち、良く分かります。
だけどますます愛しくなりますよね❤
これからも元気に過ごしてね(^o^)/

2016/11/26 (Sat) 13:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment