腎臓・肝臓に漢方薬

草太、腎臓と肝臓の数値が高くて
少し前から通院しています










たびたび吐くので検査したら、肝機能の数値が高かった(11/26)



肝臓のお薬(ウルソ)と、BUNも高いのでフォルテコールを飲ませることになりました




腎機能の数値(BUN、Cre)は、食事に含まれるタンパク質や体の筋肉量に影響されるといいます
良質のタンパク質が豊富な生肉メインの食生活をしている草太は、昔からいずれの数値も高めでした
そういったものに左右されないSDMAという値も調べてもらったら、正常値が14までのところ草太は16という結果に…

とうとう、初期の腎臓病と診断されてしまいました






猫にはつきものの腎臓病
もしも草太が診断されたら、漢方薬を飲ませようと考えていました
かかりつけの病院では取扱いがないため、メールと電話相談で処方してもらえるところにお願いして、12/19から始めました







12/25の血液検査結果




なんと、腎機能と肝機能の数値が改善されてました😆

11/26からお薬を飲ませ始め、12/4に再検査したときはほぼ変化なしだったのに、漢方薬を始めて1週間でこの改善!
嘔吐も、漢方始めてから一度もありません


※赤血球関係の数値は、高い分には心配ないそうです
※血小板は少なく出ていますが、猫の場合機械が読み取れないことが多いそうで、顕微鏡で見て問題なしとのことでした




まだ少し高いのでウルソとフォルテコールは続けますが、いつか断薬できるといいな♪
漢方は飲ませる量がわりと多くて大変だけど、草太は嫌がらずにがんばってくれます
ごはんに混ぜるのは気に入らないようなので、シリンジでちょこちょこと飲ませています


逃げずに飲んでくれるから、とても助かるよ~

ありがとね、そーたん❤

これからもがんばろうね!






Comment 0

Leave a comment