草太の再検査(漢方1ヶ月目)

1/14(土)
草太の再検査へ


むぎちゃんは付き添い
家にいても退屈そうだったからね~




最近プニプニしてきたそーたん
なんと7kgにもなってた😨
「調子がいいってことだね~」って先生が笑ってくれてる内にダイエットしよう💦






検査結果です

腎機能の数値は少し上昇したものの、正常値範囲内
SDMAの検査(外注)もお願いし、数日後に電話で結果を聞きました
こちらは11!
正常値が14までのところ、漢方開始前は16でした



BUNやCreは腎機能の75%が、SDMAは40%が損なわれたときに上昇すると言われています
BUN、Creが正常値のときにこそ、SDMAを検査する意味があるのです






その他の数値も改善されています
赤血球の数値が高めだったのが、正常値になってる






肝臓のお薬(ウルソ)だけもう少し続けます
腎臓のお薬(フォルテコール)は予防的に飲んでいてもいいし、薬をやめていきたいのなら飲ませなくてもいいとのこと
漢方の先生とも相談して、ひとまずやめてみることにしました
結果に合わせて漢方の処方も少し見直してもらいました




漢方を試そうと思ったのは、病院でもらうお薬をなるべく飲ませたくなかったから…
もちろん必要なら仕方がないけれど、ただ単に数値を下げれば良いのではなく、全体的な体質改善をしなければ、結局イタチゴッコになる
それに「腎臓(肝臓)が悪いから腎臓(肝臓)だけケアする」というのでは、どこかにひずみが出てくるように感じます
体はそんなに機械的なモノではないはず…

西洋医学を完全否定するつもりはないけれど、時と場合によって使い分けること、併用することも頭に入れておきたいのです
獣医さんの言葉を自分でもきちんと考えて、納得いくまで調べることは、私にとって後悔しないために必要なこと…

すべてはこの子たちが少しでも快適に過ごせるように
自分が、この子たちと少しでも長く一緒に暮らせるように…






Comment 0

Leave a comment