ニャンズの健診

6/4(日)草麦兄弟、病院へ



草太は3ヶ月に一度の定期検診(腎臓、肝臓)





麦太は年に一度の健康診断でした










草太









麦太





※血小板以下の項目は正確には出ないそうです
(この病院で&猫の場合)


草麦とも、クレアチニンが若干高く出ていますが
外注検査のSDMAはギリギリ正常値(ふたりとも14)だったので
先生も特に心配はしていなかった様子
SDMAはBUNやCreが正常値のときほど検査する意味があるので、
今後も続けて検査していくつもりです

ふたりとも、漢方をぼちぼち続けています
(ハナタレ麦太にも年明けから飲ませてます)
最近はごはんに混ぜても気にしなくなったので
手軽に飲ませることができています





草太は腹部エコーもしてもらいました
腎臓の形が少しガタガタして見えるのは、腎臓病の特徴だそうです
12歳という年齢を考えると、多少ガタがきているのは想定内
多飲多尿や嘔吐などの症状がないので、
これからも定期的に検査しながらうまく付き合っていこうと思います





体重は、草太が6.75kg、麦太が4.7kg
草太は昨年秋6.5kg→冬7.2kgにまでなって、食事量を減らしたのですがなかなか落ちず…
先月からようやく少し落ちてきたところですが、ちょっと急に減りすぎな感じがする。。


ホッソリした?と気になってましたが、
今回異常が見つからなかったので少し安心
体重だけならもう少し減ってもいいのだけど
注意しながら食事を工夫していこう




麦太も最近までおなかがポヨポヨしてて5kg超えたかな?と思ってたのに、
ここ1,2週間で急にほっそりして、元の4.7kgのままでした
おやつ、極小サイズから小サイズにしても良さそうだね!





病院嫌いのニャンズ
採血時は暴れるので(特に草太)4人がかりです^^;
草太は噛みついた実績もあるので(私が噛まれたのでまだ良かったのですが)、
毎回カラー装着されちゃいます
だけどきちんと説明して、我慢してねってお願いしたら
暴れたり攻撃したりしないのです(モンクは言うけど…)
終わってからたくさん褒めると得意そうなお顔になって、
その後も不機嫌にならずに、すぐにいつもどおり♪
怖いから暴れたり噛んだりしちゃうんだもんね、
押さえ込んだり叱りつけたりするのはかわいそうだし逆効果
それなのに以前は検査や治療に必死になって、
ろくに説明もせずに押さえて我慢させていました…
草ちゃんは私のコトバを本当に良く理解してくれるのだから
説明を忘れないようにしなくちゃね








そしてまだまだヤンチャなむぎちゃんにも
毎日たくさん話しかけています



動物がヒトの言葉を理解するって、表面的な意味だけじゃなくて
雰囲気とかニュアンスとか、言葉に込められる気持ちとか…
そういうのを察するということだと思うのです
そしてそれは、きっと我々人間よりもずっと得意なんじゃないかな?
この子たちと接していると、よくそんな風に感じるのです


話しかけると「にゃー♪」とお返事してくれるニャンズ❤
これは犬にもうさぎにもない楽しさ♪
私がいっぱい話しかけるせいか、
とてもおしゃべりな草麦兄弟です(^o^)


Comment 0

Leave a comment