遺伝性疾患を防ぐために

クラムの股関節・肘関節の検査に関連して
大切なことがあるので記載しておきます
すべての犬種の、すべての遺伝性疾患について
同様のことが言えると思います


20180602_01







クラムのお里では、
ブリーディングする子たちは当然のことながら
一般家庭に行った子たちもすべて、
股関節等の検査をするという
方針を持たれています
それは譲渡時のお約束😃
クラムの兄弟姉妹もみんな検査します







15279411890.jpeg





レントゲンデータはJAHDという専門機関で
正式に評価していただきます

万が一関節に問題があった場合、
早期発見・早期対処ができるのは
個々の犬たちとオーナーにとって
大切なことなのはもちろん、
それと同じくらい重要な目的があるのです







15279412110.jpeg





ゴールデンに多い股関節形成不全の
70%が遺伝的要因であるといわれています
母犬・父犬それぞれ数世代さかのぼって
健全な組み合わせを考えるだけでは不十分で、
その兄弟姉妹や子犬たちも、
可能な限り健康体であるべきなのです







15279412400.jpeg







たとえば繁殖しようとしている犬の
股関節の評価がA(最高評価)だったとしても、
同胎の犬たちの多くがC評価だったら、
それは不安材料になります
痛い思いをしたり、制限を強いられたりする
ゴールデンを生み出さないよう
最大限の努力をされているお里のママさんに
協力できるのは、私としてもうれしいことです

クラムのお里では、関節だけではなく
ゴールデンの遺伝性疾患として知られている
複数の検査を行い、問題のない組み合せでのみ
ブリーディングをおこなっています
防げる病気は防ぐ努力をする、という
ごく当たり前の考えだと思います







15279412680.jpeg







残念ながら、
親犬の検査すらしていない場合が多いのが日本の現状・・・
今回の先生いわく「ズルする繁殖者もいる」そうな😔
正常な股関節のレントゲンデータを、
形成不全の犬のものとして登録するそうです







15279412960.jpeg






命への配慮がない繁殖は、
苦しむ犬たちを生み出します
私たちが目にするのは
一見問題なさそうな犬たちだけ
その裏には「売り物」にならずに
「淘汰」される命がどれだけいることでしょう






15279413270.jpeg







普通に歩けて、思いっきり走り回れる・・・
そんな当然の幸せを奪うような繁殖は、
してはならないのです

どれだけ慎重にしても
病気の子が生まれることはあるでしょう
でも、特に遺伝性疾患については
防ぐために最大限努力をするのが
ゴールデン愛好者として当然であり、
それを怠ったりズルしたりするような人間には、繁殖に携わってほしくない







15279413520.jpeg







なぜ、命を大切にしない繁殖者がいるのか?
減らないのか??
それを考えるとき、
私たち購入者側ができることが見えてきます







15279413710.jpeg







この子たちのまっすぐな視線から
顔をそむけるようなことはしたくない
繁殖に直接かかわっていても、そうじゃなくても
同じ意思を持って誠実に命に向き合う人が増えれば
世の中は変えていけるはず


クラムを通してそれを伝えていくこと
小さなことだけど 続けていけば
きっと誰かの行動を変えられると信じています






Comment 0

Leave a comment