再診

0602-7


2回目の再診に行ってきた。
投薬を始めて4週目。
調子がよければこれで終了だと、以前から聞いていた。
先生は、睦月の回復ぶりに再度驚いてたみたい。
診察台の上で両手をパンパンしてお顔を洗ったり
片方の後ろ足を浮かせて毛づくろいしたり
ここまでできればエライもんだと褒めていただいた♪

予定通り、フェバンテルと抗生剤はおしまいになる。
(火曜日の分まで残ってるので、それまでね)
ビタミン剤と抗酸化剤はサプリ的に続けることに。
1年とか、それ以上飲み続けてゆっくりと斜頚がマシになっていくこともあるみたい。
抗酸化剤は老化防止作用もあるそうで、どちらも長期間服用しても心配ないものなんだって。

鍼治療について伺った。
先生はできないけど、紹介ならできるそう。
でも、睦月の場合 恐らく効果はないと言われてしまった。
関節や骨などを痛めた場合と違って、脳から来るものだから、だって。
でも、念のため 前から考えていた鍼治療できる先生にお話を伺ってみたいと思う。
また別の観点から教えてもらえることもあるかもしれないしね。

睦月はもう、心配ないくらいすごく元気です。
でもまだ傾いてるし、背中の毛づくろいをするとこけてしまうことも。
一見元気だけど、実際はやりにくいことやつらいことがあると思う。
だから、これでおしまいにして傾きは諦めるのではなく
もう少し何かできることはないかな?って探していきたい。




0602-8

クレートから出たいTio。
でも睦月ちゃんが通せんぼしてるので困っちゃった…
端っこを通るとか、またいでいくとかできそうなものなのに
睦月や草太がいるとそれ以上前に進めないTio君。
よくこうして固まっているので、かわいそうになってしまう^^;
だけど いつもふたりを優先してくれるから、安心していられるよ。



0602-9

そして相変わらず仲良しなこのふたり♪
草太もだいぶ大きくなったので、
Tioと互角に(?)戦ってます。
最近の草太の「とくいわざ」は、
ベッドの側でゴロンしているTioの頭に
ベッドの上から飛び降りて襲い掛かること。
飛び掛って2,3回噛み付いたら、すぐにまたベッドに乗って
空中攻撃を何度も何度もしかけるのです。
Tioも飽きずに付き合ってるから、どうも楽しんでるらしい…
それにしても、皮膚の薄いとこを草太に噛み付かれて
「きゅぅぅぅ~」って泣いてる姿はどうにも情けない。
それでも気まぐれな草太に「遊ぼうよぉ~」ってツンツンするのはTioなんだよね。
草太が来て、喜んでくれて本当に良かった。
睦月にはとんだ迷惑だったようだけどね~
元気になった睦月は、前ほどではないけれどときどき草太を追いかけております。

…こんな毎日がずっとずっとずっと続くといいな。